北村山地区医師会新型コロナウイルス感染症『診療・検査医療機関』

北村山地区医師会新型コロナウイルス感染症『診療・検査医療機関』

住所 医療機関名

<対象者>

相談センター
等からの紹介

<対象者>

自院患者

電話番号
村山市駅西19-15 奥山内科循環器科クリニック   0237-52-0380
村山市楯岡五日町14-25 小野内科胃腸科クリニック   0237-52-5050
村山市楯岡新町四丁目9番6号 かるべクリニック   0237-53-0770
村山市駅西19番26号 甲州耳鼻咽喉科医院   0237-55-8733
村山市楯岡新町二丁目7-17 はんだクリニック   0237-55-3511
村山市楯岡二日町7番7号 たておか小児クリニック   0237-55-2960
村山市楯岡新高田9-24 八鍬医院  ◯ 0237-55-3425
村山市大字本飯田584 小室医院   0237-58-2014
村山市楯岡新町三丁目24-3 しんまち小室医院 0237-53-8451
村山市大字湯野沢1921 羽根田医院 0237-54-3888
東根市大字泉郷625-1 安達クリニック   0237-44-3777
東根市神町北一丁目3-41 いとう内科クリニック   0237-47-3660
東根市神町中央一丁目8番11号 けんじ脳神経クリニック   0237-53-6718
東根市中央南一丁目6番28号 宇賀神内科クリニック 0237-53-6961
東根市中央二丁目18番1号 江口こども医院   0237-43-8118
東根市神町中央一丁目11-18 大沼医院   0237-48-2830
東根市本丸西四丁目1-24 金村医院   0237-48-6110
東根市一本木二丁目4-25 柴田内科循環器科クリニック   0237-42-3917
東根市神町北三丁目2番18号 すずきこどもクリニック   0237-53-6107
東根市宮崎一丁目3-30 宮崎外科胃腸科クリニック   0237-41-2357
東根市大字羽入2098-4 さくらんぼクリニック 0237-48-6638
東根市温泉町2丁目5-3 北村山在宅診療所   0237-41-0583
東根市六田一丁目1-35 藤田医院   0237-42-0256
東根市さくらんぼ駅前二丁目7-22 保坂クリニック   0237-41-1188
東根市本丸南一丁目8-2 三浦医院   0237-43-2311
東根市中央四丁目5-24 山本内科医院   0237-43-0180
尾花沢市若葉町二丁目1番7号 加藤クリニック   0237-22-9877
尾花沢市上町一丁目1番8号 さかえクリニック   0237-53-8181
尾花沢市上町六丁目3-15 清治医院 0237-23-2125
尾花沢市新町三丁目2番20号 尾花沢市中央診療所 0237-23-2010
大石田町大字大石田甲93-4 吾妻クリニック   0237-35-2021
村山市中央一丁目3番6号 村山休日診療所 ・必ず電話にて事前連絡必要
・原則市民のみ
・祝日も可能
0237-55-2972
お知らせ

令和3年9月10日

北村山地区各市町長   殿
北村山地区各教育長   殿
北村山地区各小中学校長 殿

                 
(一社)北村山地区医師会
会長 八鍬 直

 

義務教育現場での不織布マスク着用徹底のお願い

 

新型コロナウイルス感染症は、昨年1月16日に日本国内で第一例目の感染者が確認されて以来、今日に至るまで、感染の拡大と縮小を繰り返し、いまだに収束する兆しが見えておりません。特にデルタ変異株の出現とともに10代以下の若年層にも感染が拡がり、教育の現場での感染防止が、これまで以上に重要視されるようになりました。そして今、子供から家族へ、家族から地域全体へと感染が拡大することを、可能な限り防止することが必要とされております。
教育の現場では、「三密の回避」、「手指消毒」、「換気の徹底」、「マスクの着用」等、これまでも感染対策に努力して来られたことと存じます。中でも「マスクの着用」は最も重視すべき感染対策です。「不織布マスク」は正しい着用をすれば、医療用のN95マスクに匹敵するウイルス防御能力を持つとされております。児童・生徒の大半は不織布マスクを着用しているようですが、布マスクやウレタンマスクをしている姿が散見されるのが現状です。布マスクは不織布マスクに比べ防御能力が著しく落ち、ウレタンマスクのそれはほぼゼロ近いとの実験結果もあります(下図参照)。しかし「不織布マスク着用の徹底」には「家庭の事情」も絡むため、教育の現場ではなかなか踏み込みにくいものと思われます。
そこでこの度、北村山地区医師会では当地区内の各小中学校に不織布マスクをお送りさせて頂くことにいたしました。各校ともマスクを充分に備えておられると存じますが、これを機に「医師会からのお願い」との理由で、布マスクやウレタンマスクを着用していたり、不織布マスクを破損した児童・生徒に、各教室で不織布マスクを着用させて頂きたいと存じます。そしてお手数とは存じますが、この地域の感染拡大防止のための「不織布マスク着用の徹底」にお役立て頂けたら幸いです。

(図) 西村秀一氏 国立病院機構仙台医療センターウイルセンター長

 

 山形新聞掲載記事(2021年9月19日)

医師会について

 

北村山地区医師会から新型コロナウイルスについてのお知らせ

2021年8月


〇 新型コロナウイルスワクチンについて

 北村山地区の各市町では、令和3年4月よりファイザー社製のワクチン接種を高齢者から開始し、今秋での接種完了を目指しております。感染予防効果および重症化阻止の観点から非常に有効なワクチンです。体質的に接種可能な方はできるだけワクチン接種を受けましょう。



 

 

〇 感染予防について
 新型コロナウイルスの感染経路の主体は「空気感染」とみなされるようになりました。確かに飛沫、接触感染の予防は大切ですが、この「空気感染」の対策を十分に行うことが肝要です。
 アクリル板の衝立は、「飛沫感染」対策には有用ですが、「空気感染」対策には余り効果を発揮しません。十分な換気を行うことが大切です。暑い日が続きますが、エアコンでは換気できません。窓を開け扇風機を窓の近くに置いて外に向けて稼働させるか、或いは換気扇を必ず併用するようにしてください。
 マスクは「飛沫感染」のみでなく「空気感染」対策にも極めて有用です。不織布マスクを隙間がないように、また鼻が出ないないようにしっかり掛けて下さい。ウレタンマスクは眼が粗く「素通し」に近いとの実験結果もあります。また話をしていると容易に鼻が出てしまう欠点もあります。人と会う際は、ウレタンマスクの使用は止めましょう。


  (ベネッセ教育情報サイト 2021.8.27)


〇 発熱者外来について
 北村山地区では34の診療所と3病院(北村山公立病院、山形ロイヤル病院、尾花沢病院)で発熱外来(新型コロナの検査を施行)を行っております。また、東根市休日診療所、村山市休日診療所でも抗原検査を行い、休日の発熱患者に対応しております。発熱等の有症状者は、一般の患者とは隔離して診察する必要がありますので、必ず電話で申し込みをしてから受診なさってください。



〇 新型コロナウイルス感染の自宅療養者について
 山形県内でも新型コロナウイルス感染流行収束が見えない今日この頃です。自宅療養者の急増は大都市部に限ったことではなく、山形県でも8月27日現在209名に達しております。
 村山保健所管内では32名の方が自宅で療養されており、その内訳は天童市・東村山地区7名、寒河江西村山地区10名、北村山地区9名、上山市6名です。
 現在流行しているデルタ株は、従来株と比べ感染力、毒性ともにはるかに強く、小児でも容易に感染し家族内発生を容易に起こすこと、そして若年者でも重症化がみられることが知られております。感染拡大の防止、早期治療や急変時の対応の点から本来であれば感染者は入院加療、もし入院ができなくても宿泊療養で隔離と十分な健康観察が求められるところですが、感染者の急増により自宅で療養せざるを得ない方が増えております。
 山形県医師会では、保健所が行ってきた自宅療養者に対する電話による健康管理を各地区に医師会の開業医が代行し、療養者へのケアと急変時の早期対応に備える準備を開始しておりましたが、当地区医師会では早ければ9月初めからの実施を予定しております。

お知らせ

新型コロナウイルス情報

令和2年10月26日 北村山地区内 各事業所安全管理担当者殿 (一社)北村山地区医師会々長北村山地区産業保健センター長 八鍬 直 (公印省略) インフルエンザ/新型コロナウイルス感染予防対策徹底のお願い 錦秋の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、新型コロナウイル感染症は、各事業所の経営のみならず衛生管理にも大きな負担をもたらしていると思われますが、担当の方々には適切な管理をして頂いており、当地区での感染が現在の所認められていないことに心から感謝申し上げる次第です。新型コロナウイルス感染症は、幸いにも本県でも今のところ大きな流行には至っておりません。しかし、この冬にインフルエンザが流行致しますと、新型コロナウイルス感染症との鑑別が困難なため、この地域でも大きな混乱が生じることが予想されます。インフルエンザに対してはワクチン接種が有効な予防手段の一つですが、政府や自治体の接種勧奨もあり、ワクチン接種者が増加しているのに対し、供給量は限られており、働く世代の方や学校の生徒の接種に十分な量のワクチンを確保できない可能性が出て参りました。ご存知のようにインフルエンザの流行の多くは「事業所」や「...
令和2年10月23日 北村山地区内 各市町教育委員会御中北村山地区内 各小中高等学校長殿 北村山地区学校保健会会長  八鍬 直   (公印省略)  インフルエンザ/新型コロナウイルス感染予防対策徹底のお願い 錦秋の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、新型コロナウイル感染症は、一斉休校、各種大会の中止などを始めとして学校の教育現場にも大きな負担をもたらしておりますが、適切な対応をして頂いている教育委員会そして教職員の皆様には心から感謝申し上げる次第です。新型コロナウイルス感染症は、幸いにも本県では今のところ大きな流行には至っておりません。しかし、この冬にインフルエンザが流行致しますと、新型コロナウイルス感染症との鑑別が困難なため、この地域でも大きな混乱が生じることが予想されます。インフルエンザに対してはワクチン接種が有効な予防手段の一つですが、政府や自治体の接種勧奨もあり、ワクチン接種者が増加しているのに対し、供給量は限られており、子供たちや学校関係者の接種に十分な量のワクチン量を確保できない可能性が出て参りました。ご存知のようにインフルエンザの流行の多くは「学校」から始まります。そ...
令和2年10月23日 東根市子育て支援課御中村山市福祉課・子育て支援課御中尾花沢市福祉課御中大石田町保健福祉課御中 北村山地区医師会・学校保健会会長 八鍬 直(公印省略) 保育施設や幼稚園でのインフルエンザ/新型コロナ感染予防対策徹底のお願い 錦秋の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、新型コロナウイル感染症は、保育・幼児教育にも大きな負担をもたらしておりますが、適切な対応をして頂いている行政や保育・教育現場の皆様には心から感謝申し上げる次第です。新型コロナウイルス感染症は、幸いにも本県では今のところ大きな流行には至っておりません。しかし、この冬にインフルエンザが流行致しますと、新型コロナウイルス感染症との鑑別が困難なため、この地域でも大きな混乱が生じることが予想されます。インフルエンザに対してはワクチン接種が有効な予防手段の一つですが、政府や自治体の接種勧奨もあり、ワクチン接種者が増加しているのに対し、供給量は限られており、子供たちや保育・教育関係者の接種に十分な量のワクチン量を確保できない可能性が出て参りました。ご存知のようにインフルエンザの流行の多くは「学校」や「保育所・幼稚...
令和2年5月20日 会員各位 (一社)北村山地区医師会 会長  八鍬 直 「学校健診の延期」の解除について    風薫る5月、会員の皆様いかがお過ごしでしょうか。COVIT-19 は5月18日の時点で世界で感染者468万人、死者31万を超えるパンデミックを起こしておりますが、日本国内ではようやく峠を越し、5月14日には本県を含む39府県の緊急事態宣言も解除されました。県内の学校でも徐々登校が始まりつつある今日この頃です。  さて当地区医師会では、4月7日付けで、「学校健診の延期」の通知を出しましたが、山形県では5月4日を最後に、連続14日間新規感染者が発生してないこと、隣県での新規発生も殆ど見られないこと、そして減少したものの未だ新規感染者が出ている首都圏等との人の出入りが現時点では制限されていることを踏まえ、5月18日に行われた理事会において「学校健診の延期の解除」を決定いたしました。各市町教育委員会にも連絡済みですので、本日から健診の準備に入って頂けたら幸いです。   なお、学校健診を行うにあたっては、以下の点に注意して頂きたいと存じます。   (1)児童生徒に空間的間隔を十分にとって整列してもらうこと。 (2)ゴーグル或いはフェ...